ネットショップのすべてではネットショップについての情報を詳しくお届けします。

ネットショップ

ネットショップとは、インターネット上で複数の商店のページ(電子商店)を一つのサイトにまとめて、様々な品物を販売するウェブサイトのこと。ネット商店街、オンラインモール、サイバーモール、電子モールなどさまざまな呼称がある。 ネットショップ(以下、サイバーモールという)を構成する商店主はただの趣味の人から本業の人(個人事業者)、さらに実店舗を有する大手企業までさまざまである。年商も数万円から億単位まで幅広い。

ネットショップの利点

消費者(買い手)側から見た場合 同一モールの複数店舗を縦断して商品や価格などの検索が行える。 支払い決済や配送などを一括して行なえるものもある。 販売者側から見た場合 支払い決済や配送などを一括して行なえるものもある。 モールの有する集客力を活かせる。(楽天のTBSに対する一連の動きは、本業である自社モールの集客力アップの意味合いもある) ECサイト構築のコストが少なくて済む 決済など共通機能については、自社でセキュリティ等を考慮しなくても最新の機能が使用できる(運用コストが安く済む)

ネットショップの欠点

消費者(買い手)側から見た場合 個々の店舗を意識しにくい。 販売者側から見た場合 システム上の制約で他店との差異を出しにくい 売上の一部をモール運営者に手数料として支払う必要がある

楽天市場 オンラインショップ

楽天株式会社(らくてん、英文表記:Rakuten, Inc.)は、2006年現在1,800万人の利用者がいる日本国内最大級のインターネットショッピングモール「楽天市場」の運営会社である。又、ポータルサイト「インフォシーク」の運営その他も行っている。 ジャスダック証券取引所上場企業(証券コード:4755)、日本経団連会員企業である。

インターネットオークション

1990年代以降、インターネットを通信媒体として利用したネットオークションサイトが登場し、一般の人でも手軽に出品や入札ができるようになった。 日本における状況 日本ではYahoo! オークション(1999年9月サービス開始)が国内最大手で、他にも楽天やビッダーズなどの検索サイトやオンラインショッピングサイトが独自のサービスを展開、利用者を集めている。近年ではKDDIがauオークションを提供し、NTTドコモもオークション事業に進出するなど、携帯電話によるオークションも活発化している。 現状ではYahoo!オークションが圧倒的に有名で、かつ利用者も多く、平均して942万件(2006年3月現在)にのぼる物品が出品されている[1]。2002年には出品手数料及び落札手数料が導入され、2006年には出品手数料が3%から5%に引き上げられたが、それでもなお利用者は大幅には減っていない。これは、Yahoo!オークションの知名度が高く、出品者、利用者双方とも集まりやすいためといわれている。 ネットオークションサイト世界最大手のeBay(イーベイ)も2001年に日本へ進出したものの、日本では先行していたYahoo!に太刀打ちできず、2002年3月限りで撤退したものの、2007年12月にはeBayがYahoo!オークションと提携。

eBay イーベイ

1995年9月、カリフォルニア州サンノゼでピエール・オミダイアにより AuctionWeb の名称で設立され、1997年9月に現社名へ変更されている。社名はオミダイアのコンサルティング会社 Echo Bay Technology Group に由来し、echobay.com がすでに登録済みであったため縮めて eBay.com とした[1]。1997年半ばには1日当り約80万のオークションを処理し、1998年までには100万人以上の利用者を獲得するまでに成長[2]。1998年9月には NASDAQ に株式を公開した。 PEZ の熱心なコレクターであったオミダイアの婚約者の「インターネットで PEZ を集められるシステムを作って欲しい」との頼みで開発したのがきっかけ、といわれているが、この話は1997年に広報担当マネージャーがメディアの関心を喚起させるために創作した作り話であった それにしてもどういうことだかペッツっていうのは魅力的なお菓子なんですよね。ペッツ御殿と呼ばれる御殿を作ってそこにペッツのお菓子パラダイスをつくりたい。 そんな夢を見る世界中の子どもたちに教えてあげたいことがありました。ペッツもいいけど、人生は複雑なんだってことをね。 FX 便秘 レーシック手術 脂肪吸引 レーシック FX 初心者 廃車 FX FX 初心者 包茎 治療 わきが